サーモンピンクの作り方!絵の具を使って5つの方法でご紹介

ピンクの中でも特に肌なじみがよく使いやすいサーモンピンクは、絵画だけでなくネイルやファッションでも人気がありますよね。

鮮やかすぎず、穏やかで温かみがあり、愛らしさを表現できるため、多くの人に愛されています。

しかし、少ない色数の絵の具セットにはサーモンピンクが入っていないことが多いんです。

そんな時に、身近な色を使ってサーモンピンクを作ることができれば便利ですよね。

この記事では、そんなサーモンピンクの作り方について紹介していきます。

サーモンピンクを作る方法

サーモンピンクを作る方法には、以下の5つのバリエーションがあります。

  1. ピンクとオレンジを混ぜる
  2. ピンクと黄色を混ぜる
  3. 赤と白を混ぜる
  4. 赤、白、黄色を混ぜる
  5. 白とオレンジを混ぜる

それでは、これらの方法を詳しく見ていきましょう。

ピンクとオレンジを混ぜる

サーモンピンクは、ピンクとオレンジを使って簡単に作れます。

比率はピンク3:オレンジ2が基本です。

ピンクを多めにするとかわいらしい色になります。

ピンクに少しずつオレンジを混ぜていく方法がやりやすいですよ。

絵の具は多くの色を混ぜると濁ってしまうことがあるため、2色だけで作るこの方法はシンプルで成功しやすいと言えます。

注意点として、使う前に筆をよく洗い、以前使った色をしっかり落としておくことが重要です。

筆に色が残っていると、きれいなサーモンピンクがくすんでしまいます。

ピンクと黄色を混ぜる

サーモンピンクは、ピンクと黄色を使っても作れるんですよ!

比率はピンク2:黄色1が目安です。

ピンクを多めに使うことで、名前にふさわしいピンク寄りのサーモンピンクになります。

まずピンクをパレットに出し、そこに少しずつ黄色を混ぜていくと、きれいなサーモンピンクが作りやすいです。

赤と白を混ぜる

サーモンピンクは、朱色と白を混ぜることでも作れます。

比率は朱色3:白1です。

朱色は、赤みの強いオレンジ色。

朱色には赤と黄色が含まれているため、黄みがかったピンクであるサーモンピンクを作るのに適しています。

赤、白、黄色を混ぜる

サーモンピンクは、赤、白、黄色を混ぜて作ることも可能です。

比率は赤3:白1:黄色2が目安。

まず、赤と白を混ぜてベースとなるピンクを作ります。

白を多く加えると淡い色になりますが、加えすぎると鮮やかさが失われてしまうんです。

しかし、そのくすんだ色がかわいらしい印象を与えることもあります。

白は無彩色ですが、加えすぎると他の色の鮮やかさを消してしまうので、注意して少しずつ混ぜるのがポイントです。

理想の色に近づけるため、慎重に調整しましょう。

次に、黄色を少しずつ加えていきます。

黄色は一度に多く混ぜると色が急激に変わり、イメージ通りのサーモンピンクにならないことがあるんです。

少しずつ様子を見ながら加えるのがコツですよ。

白とオレンジを混ぜる

サーモンピンクは、白とオレンジを使って作ることもできます。

比率は白3:オレンジ1。

ペールオレンジに近い色で、かつて肌色として広く知られていました。

この方法では、黄色味の強いサーモンピンクができますね。

サーモンピンクには本当にさまざまな作り方があるんですよ。

サーモンピンクはこうした場面で活用されます

サーモンピンクは、多く使えば火照った印象を演出し、絵が活き活きと見えます。

また、自然の風景やお花を描く際にも便利です。

黄色みがあるため、黄緑などとも相性が良く、葉の色を自然に表現するのに適しています。

サーモンピンクとコーラルピンクの違いは何ですか?

サーモンピンクとコーラルピンクは、どちらも黄みがかった優しいピンクで人気です。

2色の違いは言葉にしにくいと感じることがありませんか?

具体的に説明すると、コーラルピンクはピンクの割合が多く、青みが強めの色合いです。

一方、サーモンピンクは黄色みが強く、黄色寄りの色合いです。

まとめ

サーモンピンクは、赤やオレンジなど、色数の少ない絵の具セットでも作ることができる色です。

この記事ではさまざまな作り方を紹介していますので、状況に応じて選んでみてくださいね。

黄色やオレンジを多く入れて黄色寄りにしたり、赤やピンクを多く混ぜて赤みを強調したり、白を多くして淡くすることもできます。

子どもたちが色の混ぜ合わせを学ぶときにも、サーモンピンクはかわいらしい色で取り組みやすいと思いますよ。

ぜひこの記事を参考に、あなたの好みのサーモンピンクを作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました