手作りで挑戦!抹茶色の調合方法とその描き方

抹茶色の作り方

抹茶色は落ち着いた緑色系の一つで、その柔らかな風合いが抹茶を連想させます。

市販の絵の具ではこの独特な色を直接選ぶことは難しく、通常の黄緑や緑では明るすぎることがほとんどです。

そこで、落ち着いた抹茶色を自ら作り出すには、どのように色を組み合わせればいいのでしょうか。

この記事では、普通の緑や黄緑の絵の具を基本として、他の色を加えて自分だけの抹茶色を作る方法をわかりやすくご紹介します。

手作り抹茶色の作り方ガイド

落ち着いたトーンの抹茶色は、普通の緑や黄緑の絵の具だけでは出しにくい色です。

以下のような色の組み合わせで創ることができます。

  • 緑色+茶色+黒色
  • 黄緑色+黒色

これから、これらの色をどのように組み合わせるか説明していきます。

緑色+茶色+黒色を使った抹茶色の調合法

緑色を基本に、茶色と黒色を加えて抹茶色を作ります。

比率は緑3:茶2:黒0.5が理想です。

まず緑色をベースにして、少しずつ茶色や黒色を混ぜていきます。

茶色と黒色は非常に色が濃いので、少量でも大きく色合いを変える力がありますから、添加する際には注意が必要です。

絵の具を混ぜることで色が暗くなるのは、反射する光の量が減るためです。

一度暗くなった色を元の明るさに戻すのは難しいのが通常です。

濃い茶色と黒色を混ぜ合わせて作られる抹茶色は、高い格調と深い奥行きを持つ色調です。

この濃い抹茶色は、自然界で見られる木の葉の裏や茎のような暗い緑色を描くのに適しています。

緑、茶、黒の三色を組み合わせることで、単なる暗い色ではなく、微妙なニュアンスが感じられる緑色を表現することができます。

これらの暗い色は絵の中で目立つ存在ではないかもしれませんが、存在することで作品の明るい部分が引き立ちます。

そのため、影の部分や暗い箇所にも丁寧に色を施すことで、絵全体に深みを与えることができます。

黄緑と黒で魅せる抹茶色

黄緑色にわずかな黒を加えることで、抹茶色を創り出す手法もあります。

黒色は強い影響を持つため、筆先に少し触れるだけで充分です。

黒の使用は慎重に進め、少しずつ混ぜ合わせることが重要です。

この方法で作る抹茶色は黄緑をベースにしているため、従来の緑色ベースの抹茶色よりも明るく、活動的な印象を与えます。

黄緑を多く使えば、一層鮮やかで明るい抹茶色が完成しますし、黒を加える量を増やすと、より深みと暗さを帯びた抹茶色になります。

特にこの明るい抹茶色は、新緑や芽吹きのシーンに適しています。

さらに、水彩画の「にじみ」技法を取り入れることで、色の透明感や自然なグラデーションを生み出すことができます。

まず黄緑を下地としてしっかり塗り、その上から抹茶色を重ねることで、色が混ざり合い、動きのある表現が可能になります。

色鉛筆で描く抹茶色の表現方法

色鉛筆を使って抹茶色を表現する際、黒色は避け、黄緑色に黄土色または茶色を組み合わせることが望ましいです。

まずは黄緑色を基本として塗り、その上から黄土色や茶色を重ねていきます。

抹茶色をうまく表現するには、一度の塗りではなかなか理想の色にならないことが多いです。

そのため、黄土色や茶色を塗った上から再び黄緑色を塗り足すと良いでしょう。

この方法で、黄緑が自然とくすんで、理想の抹茶色が得られます。

理想の色に近づくまで、層を何度も重ねて調整すると効果的です。

抹茶色の種類と注意点

抹茶色には、薄い抹茶から濃い抹茶までさまざまなバリエーションがあります。

通常、薄い抹茶色は黄緑色がほんのりとくすんだ色合いを示します。

一方で、濃い抹茶色はモスグリーンに近い深みのある色です。

ただし、製品によって「抹茶色」という表記があっても、その色の解釈はメーカーによって異なります。

薄い抹茶色から濃い抹茶色まで幅広く存在するため、オンラインで服や雑貨を選ぶ際は、色の違いに注意が必要です。

商品を選ぶ際には、可能な限り具体的な色見本を確認することをお勧めします。

抹茶色の活用法とシーン

抹茶色はさまざまな場面でその価値を発揮します。

特に風景画においては、新緑の葉や山の明るい箇所、美味しそうな草餅を表現する際に、そのくすんだ色合いが自然で使い勝手が艘いです。

一般的な黄緑や緑色が鮮やかすぎる場合に、抹茶色がより適しています。

美容業界でも抹茶色は人気があります。

ネイルアートでは、普通の黄緑色だと手の色と調和しないことがありますが、くすんだ抹茶色は肌に馴染みやすく、洗練された印象を与えることができます。

アイシャドウとして目頭に抹茶色を取り入れると、魅力的で可愛らしい印象になるため、多くの人に愛用されています。

まとめ

抹茶色は解釈に幅があり、一概に定義するのが難しい色です。

個々のイメージが異なるため、望む抹茶色を得るには、少しずつ色を混ぜ合わせ、色の種類を増やしすぎないことが大切です。

また、色を混ぜただけで理想の色調にならないこともあります。

そんな時は、水の量を調整して色の濃淡を表現するなど、さまざまな手法を試すと良いでしょう。

この記事があなたの抹茶色の活用に役立つことを願います。

自由に抹茶色を用いて、創造的な活動を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました