自宅で簡単に!水彩絵の具で金色を描く方法と役立つコツ

金色の作り方

金色は、その輝きが心を惹きつける魅力的な色です。

子供の頃に感じたその特別な輝きは、たとえば折り紙でも数が少なく、とても貴重に感じます。

水彩絵の具セットではなかなか見つからないこの色を、自宅で自分で作れると素敵ですよね。

この記事では、家にある普通の水彩絵の具で、どのようにして鮮やかな金色を作り出すか、その方法と便利なコツを紹介します。

水彩絵の具で金色を再現するコツ

この記事では、水彩絵の具を使って金色をどのように作るかを丁寧に解説します。

通常の水彩絵の具セット、たとえば小学生が使う12色セットでは、正確な金色を作るのは難しいとされています。

しかし、金色に似せた色の表現は可能です。

「本当に再現できるのか、それとも無理なのか?」と疑問に思うかもしれません。

そこで、この記事では、まず金色に近い色の作り方から始め、なぜ正確な金色を作るのが困難なのかについて詳しく説明していきます。

黄色と茶色で金色を再現

金色にはさまざまな種類があります。

例えば、輝くような鮮やかな金色や、落ち着いた雰囲気のアンティークゴールドなどです。

これらの色を作る基本的な方法は、黄色と茶色を組み合わせ、その割合を調整することによります。

具体的な手順としては、黄色と茶色を2:1の比率で混ぜると良いです。

鮮やかな金色を求める場合は黄色を強めに、落ち着いた色合いを望むなら茶色を多めに使います。

また、光が強く当たる部分には白を加えてハイライトをつけると、よりリアルな金色に仕上がります。

銀色と黄色で金色を再現する方法

銀色の絵の具は通常の絵の具セットには含まれていないことが多いですが、専門店に限らず、最近では100円ショップでもメタリックカラーの金や銀が手に入るようになりました。

自宅に銀色の絵の具がある場合、黄色を加えることで簡単に金色を作ることができます。

銀色に黄色を2倍の割合で混ぜ合わせると、きれいな金色になります。

さらに、オレンジや朱色のような赤みを帯びた黄色を混ぜることで、より深みのある金色が表現できます。

実は、折り紙の金色もこの方法で、銀色のホイルにオレンジ色を塗って作られていることがあります。

黄土色、黄色、白色を使って明るい金色を描く

以前には銀色を使用した方法をご紹介しましたが、今回はメタリックカラーを使用せずに金色を作る方法を解説します。

特に、明るい金色を作成する際には、黄土色、黄色、白色を組み合わせます。

適切な混合比率は黄土色2:黄色1:白1です。

一般的な絵の具セットに黄土色が含まれていない場合が多いですが、黄土色を自作する方法については、以前の記事で紹介した内容を参考にすることで対応可能です。

黄土色と茶色、グレーで暗い金色を表現

暗い金色を作るには、黄土色を基本として茶色とグレーを加えます。

この配合は影の効果を表現するのに最適で、効果的に使えます。

黄土色2、茶色1、グレー1の比率で混ぜると良いでしょう。

オレンジ、黄色、白を使って明るい金色を描く

鮮やかで明るい金色を描くためには、オレンジ、黄色、白を組み合わせます。

オレンジ2:黄4:白1の割合が適切です。白は色の鮮やかさを損なう可能性があるため、少量だけ使用します。

混色する際は、まず黄色とオレンジを混ぜ合わせ、最後に白を少しずつ加えて調整する方法が混ぜやすいです。

金色表現の難しさとその対処方法

金色の作り方について説明しましたが、実際に試した方の中には、期待した通りの金色に見えなかったと感じる方もいるかもしれません。

これは、金色が単なる色ではなく、反射する素材がなければ、輝く金色にはならないためです。

金色は、色の混合だけではなく、ラメや偏光物質などの反射要素が必要とされます。

これは銀色を加えることに似ており、普通の水彩絵の具では金色を表現するのが難しい理由の一つです。

今回紹介した作り方で作成した金色は、適切に配色して塗ることで近い色を表現することができます。

重要なのは、光沢をラメではなく色の濃淡で表現することです。

一方、複雑な手法を避けて、市販の金色絵の具を使用して素早く仕上げたいと考える場合もあります。

ただし、実際に金色の絵の具だけで塗ると、光が当たる部分と影の部分で色味が異なり、思い通りの結果にならないことが多いです。

そのため、金色を使う際は、茶色や白色を加えて色調を調整することが大切です。

まとめ

通常の絵の具セットで金色の光沢を完璧に表現するのは難しいですが、色の濃淡を使って光沢感を模們する方法があります。

更にキラキラとした効果を求める場合は、化粧品用のラメパウダーを加える手もあります。

ネイル用品のコーナーには多種多様な偏光ラメがそろっており、画材屋を訪れる必要なく、ドラッグストアや100円ショップで手軽に購入できます。

近年は男性もネイルを楽しむことが増えていますから、気軽に挑戦してみるのが良いでしょう。

さまざまな材料を試しながら、自分だけの理想の金色を見つけ出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました