深緑色を作る方法!5種類の配合で自由に演出可能!

深緑色の作り方

深緑色は、黄緑や通常の緑色に比べて、より落ち着いた雰囲気と深みを感じさせます。

使いたいと思っても子どもたちが使用する12色セットの絵の具には、この深緑色が含まれていないことが多いです。

もし幅広い色が揃った絵の具セットを持っていたとしても、深緑色だけが不足しているという状況に…。

このような時、他の色を組み合わせて深緑色を自作できると、とても役立ちますよね。

今回の記事では、異なる色彩を混ぜ合わせて、理想の深緑色を作り出す方法について詳しく解説していきます。

深緑色を作成する方法(絵の具活用法)

深緑色を絵の具で作成する際には、次の5種類の色の組み合わせが効果的です。

  • 緑と黒
  • 紺と山吹色
  • 紺と橙色
  • 紺と黄色
  • 紺とレモンイエロー

これらの色を組み合わせる際の具体的な比率や方法についても詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

緑と黒

絵の具で深緑色を作成する方法として、緑と黒を組み合わせる手法があります。

理想の比率は緑が3に対して黒が1です。

緑と黒の色はどちらも暗めの色調で、特に黒色は加えすぎると調整が難しくなるため、少量ずつ緑色に混ぜていくことがおすすめ。

こうすることで、目指す深緑色に徐々に近づけることができます。

緑色を多くすることで、明るくて鮮やかな深緑色を、黒色を多くすることで、より深みのある暗い深緑色を作成することが可能です。

深い海の色や草原の影など、深みと暗さが必要ながらも真っ黒では表現しきれない場面で役立ちます。

紺と山吹色

深緑色を生成する別の方法として、紺色に山吹色を組み合わせても作れます。

適切な比率は紺色2に対して山吹色1です。

紺色はその性質上、青色の範疇で暗く深みのある色。

一方で、山吹色は赤みを帯びた黄色であり、これら二つの色を混ぜ合わせることで、より豊かで複雑な深緑色を作り出すことができます。

紺色と山吹色の中に微細に含まれる赤色が加わることで、さらに味わい深い色合いを実現できちゃうんです。

紺色の割合を高めることで、青みがかった深緑色が得られ、山吹色を多めにすると、少し黄緑がかった鮮やかな深緑色を作ることができます。

色を混ぜる際には、通常、明るく鮮やかな色に暗い色を加えることをおすすめしています。

しかし今回目指すのは暗く深い深緑色なので、紺色に山吹色を徐々に加えていくことで、理想の深緑色に近づけます。

紺と橙色

深緑色を紺色と橙色で作成することができます。

この色合わせの比率は紺色2に対して橙色1。

橙色は、オレンジ色としても知られており、手元に橙色がない場合はオレンジ色で代用可能です。

橙色は、黄色と赤色から成るため、紺色にこれらの色が加わることで、深みのある複雑な深緑色を実現できます。

しかし、紺色と橙色、またはオレンジ色は互いに補色であるため、混ぜ合わせると色の鮮やかさが減少し、灰色がかった色になりがち。

結果として出来上がるのは、深緑色よりも灰色がかった緑色になります。

これは森の影などに使える色です。

しかし意図した色と異なる可能性があるため、注意が必要です。

深緑色といった濃くて暗い色を目指す場合、紺色に橙色を少しずつ加えていく方法がおすすめです。

紺と黄色

深い緑色は、紺と黄を組み合わせても実現できます。

この方法での適切な比率は、紺4に対して黄1です。

紺色に黄色を徐々に加えていくことがおすすめ。

そうすると、徐々に緑色が強まっていくのが分かります。

黄色は、やまぶき色やオレンジ色と比較して非常に明るい色であるため、多く混ぜすぎると、想定外の色になってしまうかも。

目指す深緑色に近づけるためには、色を混ぜる際には慎重に少しずつ行うことが重要です。

紺とレモンイエロー

紺色とレモンイエローを用いても、美しい深緑色を調合することができるんです。

この配色の理想的な割合は、紺が4、レモンイエローが1となります。

レモンイエローは通常の黄色に比べてさらに明るく、鮮やかです。

もし深緑に少しの明るさや活気を加えたい場合、この二色の混合が適しています。

深緑色の使用例

深緑色は、自然界の様々な場面や物体に深みや陰影を加えるためによく使用されます。

たとえば、苔や樹木の下の草原では、影が落ちる部分に深緑色が使われていることが多いんです。

色彩豊かな鳥の羽の暗部にも、この色が活用されることがあります。

さらに、髪の毛を描く際にも、黒や茶色だけでなく、深緑を加えることで、より立体感や深みを表現できちゃうんです。

イラストで黒い部分を深緑色にすることで、落ち着いた雰囲気や重厚感を表せます。

深緑色はその濃さとくすんだ感じから、重さや冷たさを象徴する印象があります。

これを利用して、絵に重厚さや深みを出したい場合には、適宜深緑色を取り入れると良いでしょう。

特に、新緑が鮮やかな風景よりも、森の奥や複雑な樹木の間など、より神秘的な雰囲気を持つ場所を描くのに適しています。

まとめ

深緑色に青の要素を多く含ませると、より暗く穏やかな雰囲気になります。

黄色の要素を強調すると明るく鮮明な印象を与えることが分かりましたね。

オレンジややまぶき色のような赤みを帯びた黄色を加えることにより、より複雑な深緑色を作り出すことが可能です。

色の混合においては、混ぜ合わせる色の種類が増えるほど、より深みのある、濁った色調を生み出します。

紺色と黄色に加えて、赤みを含むことで、さらに複雑で深みのある色合いに。

どの色合いが最適かは、求めるイメージによって違います。

明るく鮮やかな深緑を目指すのか、それとも暗く深いトーンの深緑を望むのかに応じて選択すると良いでしょう。

この情報を基に、あなたにとって理想の深緑色を探求してみてください。

タイトルとURLをコピーしました